MENU

血管年齢の測定方法|病院での検査方法と自宅での4つのやり方紹介

血管年齢,測定方法,病院,自宅

血管年齢を知ることによって、動脈硬化になりやすくなっているかどうかがわかります。
普通は、若い人ほど、血管年齢が低く、年を重ねると高くなりますが、最近はそうとも言えなくなってきました。

 

血管年齢を測定して、高い数値が出たら、がっかりせず、日ごろの生活習慣を見直し、低くするように努力しましょう。

 

血管年齢の検査には、病院で調べる方法と自宅で自分で計算する方法の2種類あります。

病院での測定方法

加速度脈波計

血管年齢,測定方法,病院,自宅

まず、病院での測定方法ですが、加速度脈波計というものを使います。
小さな機器に人差し指を入れて、調べます。結果は、20秒くらいで表示されます。

 

その原理は、指の脈拍を見ることによって心臓からの血流のスピードを確かめ、血管年齢を分析するものです。そのために、末端の血管年齢を調べるのに適しています。

 

検査に当たっては、運動などをしないで、安静にして測ります。
極端に暑いところや寒いところで測ってはいけません。
前日にアルコール類を飲んでもいけません。

脈波速度検査

血管年齢,測定方法,病院,自宅

脈波速度検査は、脈波(心臓の拍動)が手足に届くまでの速さを測ります。
動脈の壁が厚くなったり、硬くなったりすると、脈波が速くなります。
大動脈から足首までの動脈の血管年齢を調べるのに適した検査です。

 

ただ、両方の検査とも実際の血管の状態を正確に知ることができません。
その必要性を感じたら、頸動脈エコー検査を受けましょう。
超音波で、血管の状態を調べることができます。

家庭での測定方法

血管年齢,測定方法,病院,自宅

次に、家庭での測定方法です。

平均血圧

下の血圧+(上の血圧ー下の血圧)÷3。
これが平均血圧を出す公式です。
90以上になってはいけません。
その場合は、細い血管の動脈硬化が進んでいる恐れがあります。

脈圧

こちらは、上の血圧ー下の血圧、で出します。
60以上がよくないです。大動脈の動脈硬化の危険があります。
血管年齢が高い人は、医師と相談するとともに、日ごろの生活を改めるようにしてください。

 

青魚サプリ

>>成分&効果&コスト考慮した血管年齢改善サプリランキングはこちらから<<