MENU

動脈硬化の進行を抑えることが大切!血管年齢を若くする食べ物とは?

血管年齢,若くする,食べ物

血管年齢を若くするには動脈硬化の進行を抑え、柔軟な動脈を維持することが重要といえます。
動脈硬化の進行を早める主な原因は偏った食生活です。

 

普段の食事で塩分や脂肪分、糖分を摂り過ぎていたり、野菜をあまり食べなかったりすると動脈硬化が進行してしまいます。

 

心当たりがあるい人は、食生活の改善が不可欠です。
血管年齢を若くする食べ物も数多く存在します。
こうした食べ物を積極的に食事に取り入れることで血管年齢を若くすることにつながります。

血管年齢,若くする,食べ物

たとえば、サバやイワシ、マグロなどの青魚に多く含まれているEPAは、血中のコレステロールの量を調節する役割を持つ善玉コレステロールを増やしてくれます。
その結果、血流を悪化させる原因となる悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

 

さらにEPAには血小板が凝集して固まるのを抑制して血栓をつくられにくくする作用もあります。
青魚を積極的に摂取することで血液が滑らかにし、血管年齢を若くする効果が期待できるのです。

ニンニク・ねぎ

血管年齢,若くする,食べ物

また、ニンニクやねぎに多く含まれているアリシン(アリイン)には、血糖値やコレステロールの上昇を抑えてくれます。また、血流をスムーズにして血栓をつくられるのを予防する働きがあります。

 

さらにアリシンは抗酸化作用を持つ成分でもあり、摂取することで動脈硬化の原因となる活性酸素を取り除いてくれます。毎日の料理にニンニクやねぎを薬味として使うのもお勧めです。

納豆・黒酢

血管年齢,若くする,食べ物

一方、ご飯のお供として多くの日本人に食べられている納豆には、血管年齢の若返りに効果的なナットウキナーゼが含まれています。

 

ナットウキナーゼは納豆菌がつくる酵素で、血液を滑らかにして高血圧を予防します。
さらにコレステロール値を下げる働きもあるので、動脈硬化を進行を抑えて血管年齢を若くする効果が期待できるのです。

 

また、黒酢にも血液を滑らかにする作用があります。
料理などに使用して積極的に摂取するとよいでしょう。

 

青魚サプリ

>>成分&効果&コスト考慮した血管年齢改善サプリランキングはこちらから<<